Director profile

澤 佳一郎(Sawa Keiichiro)

澤佳一郎.JPG

映画美学校ドキュメンタリー科卒。

修了制作作品『そこにあるもの』が翌年の映画美学校セレクションに選出。

2020年には文化庁主催「音声ガイドスタッフ育成講座」の教材として提供し講師モニターとしても参加。

フィクション作品では2017年に『その夜を越えて』で横濱IFF2017短編部門最優秀作品賞を受賞。

2019年に初長編作品『モラトリアム完全版』で劇場公開を果たす。

2021年『アリスの住人』でSKIPシティ国際Dシネマ映画祭2021 国内長編部門などに入選。

Asian Movie Pulseで「2021年日本映画ベスト20(13位)」で紹介される。

2022年、第95回キネマ旬報ベスト・ テン(作品、新人女優賞、助演女優賞)にノミネート。

現在も映画、MV、企業CMなど映像ディレクターとして活動中。